会社概要

地域と共に、仲間と共に、
今もこれからも世のため人のため。

業務内容
  • 観光いちご狩り農園
  • カフェ経営(洋菓子、ジェラート製造販売)
  • 農産物加工、販売
  • アスパラガス栽培
  • 水稲栽培
企業紹介 自社の農業6次産業化を目指す農業法人です。
関連会社長崎バイオパークとの連携によって農業体験、収穫体験を“商品”として提供することで、地域との協働を深め、農業の活性化を図っています。
就農を目指す若い人たちのために農地取得、住居の確保、生産ノウハウの提供などを一貫して行うことが出来るサポーターでもあります。
現代社会における農業の課題、すなわち過疎化、高齢化、耕作放棄地の増加などの課題に対する答えとして、先ずは西海市の活性化を、そして来るべき未来の新しいライフスタイルを提案していきたいと考えています。
〈今後の経営ビジョン〉
観光いちご狩り事業の拡大による売上高の向上が必要であるが、一方昨今の環境の変化に対応すべく、農産品加工を中心とした加工事業の強化により通販をはじめとしたインターネットを活用したBtoCビジネスへの展開も進めていきたいと考えています。
また、IT技術を使った農業生産への展開も急務であり、そのための人材確保が求められています。
主な事業の紹介
観光いちご狩り農園 いちごの森
会社設立 2010年7月14日
総面積1万5千平方メートルの敷地を借受け
2011年9月1号3連棟ハウス1棟完成(1100平方メートル)
2012年9月2号3連棟ハウス1棟完成(1700平方メートル)
総株数約2万2千株を栽培している。
〈例年12月中旬から翌年5月中旬までの営業〉
品種は「紅ほっぺ」「章姫」「かおり野」その他作付年度により全部で5~6種類を植栽しています。多くの品種の中から好みの品種を食べ比べるのも楽しみのひとつです。
できる限り農薬の散布を抑え安心して食べられる“いちご”を目指して、株苗の活力を強めることに注力しているのが特徴です。